• ホーム
  • クラビットで膀胱炎治療が可能

クラビットで膀胱炎治療が可能

クラビットは抗菌薬で、ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などに効果を発揮し、感染症治療薬として幅広く活用されています。
またクラビットは大腸菌にも効果を示し、大腸菌は膀胱炎の原因菌でもあるので膀胱炎治療にも使われることがあります。
膀胱炎になっても放置してしまう人もいますが、治療しないまま悪化してしまうと腎盂腎炎など他の病気になることもあるので初期の段階で対処する必要があります。
膀胱炎は排尿時に不快な感じがあったり、排尿後にしみるような痛みを感じる、尿の回数が多くなるなどの症状があり、男性よりも女性がかかりやすい病気です。
膀胱は粘膜の袋で尿を溜める部位ですが、膀胱が炎症を起こすことが膀胱炎です。
大腸菌などの細菌が尿道をさかのぼって膀胱の中に入り、雑菌が増殖することで引き起こされます。
男性よりも女性に多いのは男性に比べて尿道が短く、細菌が膀胱内に入りやすいためです。
細菌性の急性膀胱炎の場合は、体内の細菌を排出するために水分補給を行うことが有効なので、水分を多く摂取します。
水分を十分に摂取することで尿量を増やして排出することで症状が緩和されるのです。
普段から水分を十分に摂取することで予防にもなります。
水分補給には、余分な成分などが入っていない水分のみを摂取するため、ただの水を摂取します。
冷たい水よりは常温や白湯がおすすめで、コップ1杯の水を1日6~8杯程度飲むようにするとよいです。
水以外ではハーブティーなど利尿作用のある飲み物も良く、温かい飲み物は膀胱炎の原因のひとつの冷えの解消にもなります。
控えたほうが良い飲み物にはコーヒーや緑茶があります。
コーヒーや緑茶には利尿作用はあるものの、刺激物のカフェインが入っているので膀胱炎の時は控えます。
またビールやワインなどアルコール類は脱水効果があり体内に細菌を長時間留まらせることになるので控えます。
最も効果的な治療法は抗生物質を服用することです。
膀胱炎の原因となる細菌など菌を死滅させる抗生物質を服用することで症状が改善されます。
膀胱炎は膀胱内壁の細菌の繁殖とそれによる炎症で起こるため、大腸菌など膀胱内に繁殖している細菌を死滅させることが必要です。
抗生物質の効果は高いもので、通常飲み始めてから1週間以内には症状が治まります。

水分を多く摂って膀胱内の細菌を排出させる

膀胱炎は膀胱内に大腸菌などの細菌が侵入して増殖することが原因で起こります。
健康であれば細菌が侵入しても増殖を抑えることができますが、睡眠不足や疲労などで抵抗力が弱くなっている場合には侵入した細菌が増殖しやすくなるので膀胱炎は発症しやすくなります。
膀胱炎になって放置すると悪化して腎盂腎炎などの病気を誘発する場合があるので、排尿に違和感がある場合には早めに病院を受診することが必要です。
市販薬をドラッグストアなどで購入することもでき、それで症状が治まる場合もありますが、膀胱炎には他の病気が隠れている可能性もあります。
その場合には市販薬では治らないので病院を受診して抗生物質で治療をします。
抗生物質やクラビットの抗菌薬で治療をする膀胱炎は予防することも可能です。
膀胱炎の予防は膀胱内に菌を入れないようにすること、菌を増殖させないことが大切です。
膀胱炎の予防のひとつは水分を多く摂って尿と一緒に細菌を体外に排出する方法です。
水分を多く摂ることで、細菌を膀胱内に残留させないように尿と共に体外に排出させます。
膀胱炎の予防に水分を多く摂ることが良いことですが、緑茶を飲む機会が多く緑茶には利尿作用もありますが、カフェインが入っているので予防としても控えると良いです。
水分を摂る時には冷たい水よりは常温の水か白湯がおすすめで、水を飲む習慣がない場合には、コップ1杯の水を1日に6~8杯程度は飲むように心がけます。
水を飲んで細菌を体外に排出することで予防になりますが、他にも体の抵抗力を低下させないようにしたり、陰部を清潔に保つことが大切です。
膀胱炎自体はさほど心配する病気ではないものの、放置することで他の病気を誘発する可能性があります。
水分を多く摂って予防することも必要で、症状が改善しない場合には早めに病院を受診してクラビットや抗生物質で治療することが良いことです。

関連記事